スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  --.--.--

どこまでも続く道

CoM8 TrB0
IMG_0004.jpg



怒涛の5月。

アメリカと日本の橋渡しをしてくれたソウルレインボーの高村真理子さん
同じ道を、同じ世界を夢見たFREEDOMのボーカル、コムロさん

高村さんの訃報のわずか1週間後に
コムロさんの訃報を知った。

コムロさんはまだ26歳だった。
可能性の原石を沢山散りばめた人だった。
毎日を「忙しさ」という言葉のもとで何となく過ごしていた自分にとって
同世代でもあるコムロさんの件はとても大きな衝撃だった。
信じられなかった。
信じたくなかった。

沢山の「何故」が自問自答となって溢れ出はじめた。


何故、自分がこころおとをやっているのか。
何故、自分がこれほどまでに言葉にこだわるのか。
何故、自分が日本語を大切にしたいと思うのか。
何故、自分が聴覚障害を持っているのか。
何故、自分が秒速の速さで切り取る世界にワクワクするのか。


少しずつながらも、見えてきている世界。


それはたった一人しかいない「自分」への確信。


不器用な自分でも
なかなか素直になれない自分でも
少しずつながら積み重ねてきた道


ここまで辿り着くのにすごい時間がかかってしまったのは、
すっきり気持ちを整理したうえで白紙の状態で
まっすぐに向かい合いたかったから。
気づかなかったかもしれないけど
本当は本当は存在そのものに支えられていたんだよ。
今はもう叶わない想いになっちゃったけど、本当に感謝しています。
ありがとう。


あなたの未来に沢山の幸せと笑顔がありますように。



photo by taichi nishimaki


スポンサーサイト
紡がれていく足跡  2006.05.31

はんさんへ(私信欄です)

CoM2 TrB0
IMG_0545.jpg



FREEDOM コムロさんのお母様より
メッセージが来ています。
※タイトル「FREEDOM」のコメント欄を見てください。

このブログを見ましたら
即、お母様に連絡を入れてあげてください。

よろしくお願いします。

紡がれていく足跡  2006.05.25

FREEDOM

CoM14 TrB0
P1000048.jpg



今日の夕焼け、見ましたか?
雲がたそがれる中、空がオレンジ色に染まり、
八王子方面の山々が影絵になり、
ふもとでは裏原の建物のネオンが光輝いていた。
久々に見る夕焼け、本当に美しかった。

私達はこれからだった。
本当にこれからだった。

FREEDOMとは、昨年6月の池袋サイバーで初共演。
ボーカルが聴者、演奏メンバーが聴覚障害を持っているという、
こころおとと全く逆バージョンのバンド。
歌も手話も演奏も上手で、魅力的だった。
そして、3月の仙台で再び共演させてもらい、
打ち上げでかなり意気投合。
彼等の人間味溢れる魅力にまた魅せられている自分がいた。

特にボーカル 小室さんに対しては、
こころおとの前身である「DEAF2」でファットマンを見た時と
全く同じ衝撃を感じた。

それくらい、魅力的な人だった。
本物のオーラがある人だった。
手話が上手い人だった。
何よりも華がある人だった。
そして、自分の夢をちゃんと持っている人だった。

もっともっと彼の歌を、手話を見たかった。
彼の奏でる歌と手話の音楽を楽しみたかった。
もっと沢山沢山話したかった。

仙台の打ち上げで私は彼にこう言った。
「FREEDOMは魅力溢れるバンドだから、もっと沢山の人に知ってもらいたい」と。
酒の席だったこともあって、「ま~さ~か。上手いお世辞は駄目よ」と
茶目っ気たっぷりに一笑されたけど、私は本気だったんだよ。


余りにも早すぎるよ。急すぎる。
もっと上に行くべき人だった。


ささいなことに後ろ向きになっていた自分に
どうしようもなく腹が立った。
何やっているんだよ?自分。
集中するべきものが目の前に転がっているのに。
自分が情けなくて悔しくて仕方ない。

私は魅力溢れた小室さんを、
小室さんのライブを絶対に絶対に忘れはしない。
忘れはしない。

マジ、悔しい。
紡がれていく足跡  2006.05.11

走り梅雨

CoM5 TrB0
表参道。

ランチに出かけたら、ひときわ目立つアーティスティックな建物が。

横壁に
nakata.net cafeと刻まれてる。
ほぉー、中田ねぇ……
意外と沢山のお客さんで繁盛してたよ。
まぁ、シーズン物なんだろうけど。

そういえば、あと1ヶ月でワールドカップなんだね~。
4年前は開催地が日本だったから身近に感じたけど、
今回はあんまりピンと来ない。
残業続きで、早く帰ってサッカーを見れない、ってのもあるけど。
でも始まれば始まったで、はまっちゃいそう(笑)

ユーゴスラビアのサッカー情景を描いた『幻のサッカー王国』
これ、マージでオススメです。
大学の運動理論なんたらかんたら(ど忘れ)の講義で、
レポートにしたくらい、衝撃を受けた本です。



最近雨ばっか。走り梅雨だなんてニュースで言ってるけど、
本来5月っちゅうものは、風薫る季節なんですよ。
晴れてください……
あやゆく、暗い言葉を綴りそうになったとこでした。

どんなに綺麗でも、私にとっては未来のない風景なの。
未来のない風景なの。
紡がれていく足跡  2006.05.10

プロフィール

繭

Author:繭

ライブ情報

2009年 6月 6/20(土) 東京 初台 DOORS 「69dBVol.2」 出演:こころおと・ BRIGHT EYES・ FREEDOM・ 立川三丁目 8月 8/22(土) 長野 松本 ALECX 出演:こころおと・タテタカコ・ビーグルズ 9月 9/27(日) 福島 11月 東京 初台 The DOORS

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。