スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  --.--.--

千の風になって

CoM0 TrB1
kaze.jpg



Do not stand at my grave and weeps;
I am not there, I do not sleep.

I am a thousands winds that blow.
I am the diamond glints on snow.
I am the sunlight on ripened grain.
I am the gentle autumn's rain.

When you awaken in the morning's hush,
I am the swift uplifting rush
Of quiet birds in circled flight.
I am the soft stars that shine at night.

Do not stand at my grave and cry;
I am not there,I did not die.


                a thousand winds/Author Unknowns    
 


 私のお墓の前で 泣かないでください
 そこに私はいません 眠ってなんかいません
 千の風に 千の風になって
 あの大きな空を 吹きわたっています

 秋には光になって 畑にふりそそぐ
 冬はダイヤのように きらめく雪になる
 朝は鳥になって あなたを目覚めさせる
 夜は星になって あなたを見守る


 私のお墓の前で 泣かないでください
 そこに私はいません 眠ってなんかいません
 千の風に 千の風になって
 あの大きな空を 吹きわたっています


 千の風に 千の風になって
 あの 大きな空を 吹きわたっています


 あの 大きな空を 吹きわたっています



昨年紅白でも歌われた「千の風になって」
もともとは作者不明の西洋の詩。
マリリン・モンローの二十五回忌、
グラウンド・ゼロで行われた1年目の追悼集会、
残された人たちによってこの英語詩は朗読されている。

誰が書いたのか分からない。
そんなことがあるのだろうか、本当にあるのだ。

これは大地・空・宇宙と一体した「死と再生」の詩。


「千の風になって」/荒井 満 より抜粋。



この本の冒頭に、写真と一緒に言葉が載っているんです。
心の奥に感じている日々の風景。
1つ1つが残酷なくらいに美しくて。
「死と再生」は生きるうえで避けては通れないもの。
後半は「千の風になって」が生まれた経緯が載っています。
皆様も機会があったら読んでみてください!!
スポンサーサイト
紡がれていく足跡  2007.02.20

プロフィール

繭

Author:繭

ライブ情報

2009年 6月 6/20(土) 東京 初台 DOORS 「69dBVol.2」 出演:こころおと・ BRIGHT EYES・ FREEDOM・ 立川三丁目 8月 8/22(土) 長野 松本 ALECX 出演:こころおと・タテタカコ・ビーグルズ 9月 9/27(日) 福島 11月 東京 初台 The DOORS

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。