スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  --.--.--

2006年度終了

CoM1 TrB0
hand.jpg




桜が満開に咲き誇って
空がとても綺麗な水色をしていた。


ランチに食べたキャラメルアイスクリームがすごく美味しかっただけで
その日の仕事を頑張れる気がした。


今夜は後輩の送別会。
わざわざ大阪から来てくれたのに、
一ヶ月も前から企画していたのに、
残業で行けなくてしかも終電ギリギリ。


仕事って何のためにやるんだろう?
ふと疑問に思う。
だけどこの慌ただしい日々が、
逆に私の心を埋めてくれているのも確か。


素直に「会いたい」が言えないなんて、寂しい。
スポンサーサイト
未分類  2007.03.31

幸せ色

CoM2 TrB0
enosimatori.jpg



春爛漫、江ノ島へ。

桜が咲きかけていて、しかもこの日の気温20度!!!
御払い&お礼参りが一番の目的で江ノ島神社に。
しかぁし、坂の上にこれでもかってくらいにきつい階段が…。
ちょっとかけ足気味で登ったら、気分悪くなってしまった(笑)

そのあとタナトス氏と合流、
海辺で戯れる→海の幸を食う。

伝説がありえないほど生まれたけど、
高速リターンは自分でもテラヤバスだった(笑)

今日は別の意味で桜咲かせたヤツがいてね、
私の中では結構大事な事だったんだよ。
遠い昔に約束したじゃない。
誰よりも先に連絡するって。
なのに、あっさり、いとも簡単に破ってくれちゃってんの。
もう悔しくて江ノ島向かう道の車の中で泣けてきちゃったよ。

もう会う事もないし、連絡取ることもないから、
あらゆる意味を込めて「お幸せに」の言葉を。
だけど、本当は誰よりもずっとあなたの未来を願っていたんだよ。
ただただ純粋に。
おめでとうを心底から言えなかった辛さが、
どれほどのものか、あなたには絶対に分からないでしょうね。

今は辛くてもこの選択がいつか糧となる事を今度こそは信じたい。

信じてるから。

今日の格言

~突き放しておしまいなさい!!!~


enosima.jpg

未分類  2007.03.27

命の轍

CoM2 TrB0
200703252112000.jpg



1年前の今日、祖母のお葬式だった。
私は仙台に向かう高速から祖母を見送った。
あの日の空はこれでもか、というくらいに、
とても蒼かった。

前日までの雨が嘘のように、
とても蒼かったんだよ。


この日のライブは、
思いもがけない人達との出会いと衝撃と絆を。
コムロくんがいた。みんながいた。
笑顔で、たわいもない話をしながら、酌を交した。
未来のことなんて考える必要なんてなかった。
今あるこの時間をただただ純粋に楽しんでいた。

FREEDOMのメンバーとの絆も
aki-komさまとの絆も、
全ての始まりがこのライブだった。
それからの日々は
28年生きてきて、全てが衝撃的だった。


それからというものの、何かに導かれるように、
真実を沢山知っていくことに。


金木犀の歌詞にもなっているように、
私に愛や優しさを教えてくれた大好きだったお婆ちゃんが
その昔、若かりし頃、銀行員だったお祖父さんと
幼い母親達と一緒に仙台に住んでいたという事を初めて知った。


そして、その場所が
LIVE HOUSE enn がある青葉区だっていうことを。


とても衝撃だった。
鳥肌がたったし、涙止まらなかった。

これを一般的な言葉で表現するならば、
「運命」というのだろう。
だけど「運命」というより、「魂」に導かれて来たと言ったほうが
自分の中ではしっくりくる。


今年、母親が初めて私に言った。
「お婆ちゃんは表現とかお芝居が大好きで、
自分もなりたがっていたから、そういうお婆ちゃんの想いを
引き継いでいるんだろうね」と。
初めて聞いた真実だった。
なぜか、AB型に惹かれてしまうのも、
お婆ちゃんがAB型だったからなんだろうな、とふと思ったり。


私は母方のお婆ちゃんが大好きで大好きで、
もちろん今でも大好き。
お婆ちゃんが亡くなったとき、
幼なかった私は「死」が理解出来なくて、
お婆ちゃんが横たわっている部屋にずっと1人でいて、
色々お婆ちゃんの肌や手に触れたりしていた。
怖くもなかったし、それが自然だったから。

私はきっとお婆ちゃんと一緒にいたあの時間に、
全ての想いを、魂を引き継いだんだ。
そう確信できる。
それはとても幸せなこと。


大切な人たちが一生懸命生きた地、
愛すべき時間。
それは語り継がれていく命の轍。





IMG_0001.jpg

紡がれていく足跡  2007.03.25

彼岸明け

CoM0 TrB0
今、中野のカフェでくつろいでいます。
1人で余韻に浸れるこの時間が大好き。


さっきまで、従姉妹のお芝居を見てきました。
本当は昨日行くつもりだったんだけど、
仕事が押していけなくなってしまったので
今日改めて見に。

今まで何回か見には行ってたけど、
今回のもやっぱりすごかった。

奥が深い。

いつもは、お姉さんが私のためにシナリオを
用意してくれているんだけど、
昨日行ったたっかんに間違って渡ってしまったので、
今回はシナリオ無しで見ることに。

だけど、席がすごいステージに近くて、
シナリオいらないんじゃないかと思うくらいに
ストーリーも分かったし、
ラストでは恥ずかしいくらいに泣いてしまいました…。
彼岸明けということもあったし、
1年前の今日は祖母のお通夜だったし、
仙台のことやら色々な想いが沢山沢山溢れてきて。
またもや「生きる」ということを考えさせられました。


18の時からずっと表現の世界で生きている従姉妹の姉は、
私の密かな自慢です。
身内で同じ世界を夢見ることが出来るって
本当に素敵だと思う。

興味あったら、
「東野醒子」「激弾B級」で検索してみてください!


写真は雑貨屋さんで
衝動買いしたダックスフンドのぬいぐるみ☆
サイズも表情も激カワユス♪

200703241640000.jpg

表現  2007.03.24

記憶のルーツ

CoM0 TrB0
200703171339000.jpg




父方の祖母が大往生してから、今日で1年。
本当に月日が経つのが早く感じます。

毎年お正月に、ホテルで祖母を囲んでお食事会
→泊まりというのをやってたんですが、
去年は当時想いを寄せる人のお誕生日と
重なったということもあって、
祖母と泊まるよりも会いに行く事を選んでしまった。

その1ヶ月から祖母は食べ物を口にしなくなり、
やがて意識もなくなり、3ヶ月後に逝った。
その時、母親がよく私に言う言葉が心の奥に響いた。

「人はいつかいなくなっちゃうんだから、
一緒にいれるうちは一緒にいた方がいいのよ」

本当にそのとおりだと思った。
当時想いを寄せた人とは結局曖昧なままで傷つけられてばかりで。

きっと私はこれからも、
この間違った選択をずっと忘れはしないだろう。
  2007.03.22

想い出 いつの日も 紡いだ物語

CoM0 TrB0
20070321172226.jpg



春分の日


等身大の自分を愛していくために
自分の言葉を綴っていくために

かけがえのない人達がくれた勇気がここに。
  2007.03.21

プロフィール

繭

Author:繭

ライブ情報

2009年 6月 6/20(土) 東京 初台 DOORS 「69dBVol.2」 出演:こころおと・ BRIGHT EYES・ FREEDOM・ 立川三丁目 8月 8/22(土) 長野 松本 ALECX 出演:こころおと・タテタカコ・ビーグルズ 9月 9/27(日) 福島 11月 東京 初台 The DOORS

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。